マンションを高値で売ってくれる仲介業者を味方に巻き込もう

納得のできるマンション売却を行うために最も大切なことは不動産業者選びです。実は契約する不動産業者によって売却価格が変わって来ることがあります。

 

はっきり言ってしまえば営業の腕次第になるため業者選びを間違えると安く買い叩かれる可能性があります。

 

マンション売却の命運は営業が握る

マンション売却時の価格は不動産業者によって決まってしまいます。ほとんどの方はマンションを売却する際に不動産業者に仲介してもらうでしょう。そこで業者を味方につけることができれば売却成功の可能性は一気に高まります。

 

基本的に業者としては不動産売買の仲介を行い売れた場合に手数料を受け取る事になります。つまり売って始めて利益をだすことができるのです。そのため物件を探している人を見つけて販促をする必要があります。

 

しかし、販促したからと言って物件が必ず売れるわけではありません。売れなければ業者としては販促を行った分だけマイナスになります。ですから売るための努力は間違いなくしています。

 

ですが、ここで重要なのは売るための努力だけではありません。売る努力をする事は当たり前、つまり最低限のラインだということです。マンションの売却はただ売れれば成功という単純な話ではありません。マンションを売却したい側はなるべく高く売却したいと考えるのは自然でしょう。

 

そのため希望額での売却が第一になります。多少の値下げはやむなしと納得できるかもしれませんが極端に安くなってしまっては成功とは言えません。しかし仲介業者としては売り手側の味方になって希望価格で物件の魅力を伝えて売る努力をしてくれるとは限りません。

 

なぜなら買い手はなるべく安く買いたいと考えているからです。仲介業者が買い手側の要望を飲もうとすれば当然値下げという話になります。つまり仲介業者、もっと言えば営業マンの考え次第で価格を維持するか下げる方向になるかが決まってしまうのです。

 

例えば売主が2600万円で売りたい物件を売りに出したとします。そこに2500万円で買いたいという人が現れます。この時に買い手側は本当は予算に2600万円あっても安い価格で買いたいと考えます。そして値引き交渉に入ると基本的には買い手側の値引き交渉が通る可能性が高いでしょう。

 

ここで問題なのは仲介業者としては値下げして2500万円で販売しても問題ないですし、2600万円のまま販売しても問題がないという点です。値下げすれば買い手がつきますよと値下げの流れをリードするのか、あるいは限界まで安くしているのでこれ以上の値下げは行えないと伝えるのか全ては仲介業者のさじ加減です。

 

売り手が値下げに応じそうと感じれば値下げの流れにします。買い手がどうしても物件が欲しそうなら値下げせずに売る流れにします。営業マンがこのように考えるのはごく自然のことなのです。つまり業者は売り手と買い手のどちらの味方にもなり得るのです。

 

そのためマンション売却を成功させるためには仲介業者を味方にする事が大切です。良好な関係を築いていればそれだけ自分に有利な条件で交渉を進めてもらえる可能性が高まるのです。

 

現在の不動産業界を見る限りこうした営業マンの考え一つで価格のコントロールが行われるシステムが当たり前になっています。根本から解決するのが難しい以上は上手に付き合って行くことも必要でしょう。マンション売却の際に損をする事がないようにマイナス部分はうまく避けて利用することをおすすめします。

 

仲介業者に操られないためにもしっかりとした準備をしよう!

知識差があるため、仲介業者の話をなんでも、鵜呑みにしてしまいがちです。仲介業者の言いなりにならないようにするためには、売却を持ちかける前に準備が必要です。 最低限の準備として、売却を検討しているマンションの相場を調べることや、あらかじめ想定金額を算出して、交渉の際に基準となる売却額を自分の中に設定しておきましょう。

 

なぜかと言うと、仲介業者は上手く商談を成立させ、売買契約を成立させることが目的で、売却成立による手数料が収入となるため、とにかく売買契約を成立させる可能性がある方に動きます。もし、売主が額に対して満足せず、このままでは売買契約が頓挫しそうな雰囲気だと感じると、今度は買主に金額を調整するように提案を行います。

 

売主がこの額以下では売らないという意志を見せることで、買主に金額の提案を持って行かせることができるのです。あまりにも、融通が利かないと、売れる物も売れなくなってしまいますが、それが法外な額ではなく、相場と照らし合わせても納得感のある価格であれば、仲介業者も味方してくれる可能性も低くありません。

 

少しでも高く売却を考えているならば、仲介業者にコントロールされるのではなく、味方につけて交渉に挑みましょう。これほど心強い味方はありません。相場を調べるなら一括査定が便利です!!

 

他に情報を流せる会社が「良い会社」

よくある不動産会社の言い訳として、下記のようなものがあります。

 

「当社はレインズ(指定流通機構)に登録しています。当社で担当させていただいた物件は、レインズを通して、他の仲介会社にも物件の情報が流れます。レインズに登録した物件はインターネットで確認できるため、登録後すぐに他の仲介会社にも伝わります。当社に任せてください!」

 

本当にそうでしょうか?こういうときは、 以下の項目をご確認頂きたいと思います。

 

ポイント1

本当にレインズに物件の登録をしているかを確認。残念なことに、情報を独占しようと考え、登録したと言っても本当はしていなかったり、狙って登録を遅らせる会社も存在します。

 

ポイント2

レインズへの登録はしていても、他の会社は情報を把握しているか?という点についても注意が必要です。登録しても他の会社が見てくれなかったら意味がありません。他の会社に対しても、メール・電話・人脈などをフルに駆使して広報活動をしていく努力が必要になります。

 

マンションの売却は購入より10倍難しいと知る

マンションを購入するときは、タイミングを自分で測ることができるため、ある程度、マーケットの状況を確認しながらタイミングを探ることができます。

 

しかし、売却の際は、購入のタイミングは買い手の意志次第で、自分から主体的に時期を選ぶことができません。よって、マンションの売却は、しっかりとポイントを押さえた前準備を行うことが必要になります。

 

マンション売却は時間がかかる!半年前からの活動を!

売り手のときは、早めに動きだすことが重要です。マンションの売却には、買い手の存在の他にも諸々の手続きなど、時間のかかる要素が多くあるため、「早めに相談」を心がけましょう。売却活動を始めてから完了するまでは、平均で半年、長期化すると1年以上の時間を要します。

 

売却の際は事前準備を徹底せよ!

不動産会社に査定をする時は、しっかりと必要な書類の準備を行いましょう。不動産会社が持っているパンフレットは、独自の物ではなく、情報会社「株式会社東京カンテイ」から仕入れものであることがほとんどです。不動産会社に任せきりにせず、自分で調べて準備をすることで、スムーズに手続きをすすめることが出来ます。

 

売却にあると役立つ書類等

 

  • 購入時のパンフレット
  • 契約書
  • 重要事項説明書等の重要書類
  • 権利書
  • 固定資産税の納付書

 

上記の書類があると安心ですが、ないからと言って安く買い叩かれることはありません。ご安心ください。

 

不動産会社選びが成否の鍵!価格ではなくスキルを見よ!

売却する際の成否は、不動産会社選びにかかっていますが、この時、提示された査定価格だけで会社を選んでしまうと失敗する可能性があります。査定価格が高いことと、実際に高く売れるかどうかはあまり関係ありません。査定価格だけは高く表示して、実際に売却する力はない会社を選んでしまわないように、担当者の人柄や会社の信用を見極めることが必要です。

 

RE-Guide不動産一括査定

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 400社以上
特徴 全国対応!9年の実績で対応します!

 

イエウール

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 約120社以上
特徴 全国区の大手不動産会社中心

 

不動産査定エージェント

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 約200
特徴 入力画面がシンプルで簡単