住み替え・買い替え時の売却プランはしっかりと立てた方がいい

マンションの売却をする一番の理由は住み替えでしょう。例えば今よりも広い家が欲しい場合や引越しをしたい場合など理由は様々です。

 

住み替えをする際に問題となってくるのは売却と新居探しを同時に行う必要があることです。そんな住み替えによるマンション売却時に抑えておきたいポイントを紹介します。

 

住み替えを希望するケース

 

そもそもマンションを売却してまで住み替えたいケースとはどのようなものがあるでしょうか。

 

  • 子供の成長に合わせて広い家にしたい
  • 実家の近くに引っ越したい
  • 戸建ての家を持ちたい
  • 利便性の高い地域へ引っ越したい

 

ほとんどの場合はこれらのケースに当てはまるでしょう。
しかし、どのケースでも共通しているのは住み替えを急いでいないという点です。
どうしてもお金を用意する必要があり売却を急ぐ必要がある場合は少ないでしょう。
大抵は今よりも条件の良い物件があれば住み替えたいという形だと思われます。
そこで重要になってくるのが売却と新居の購入の優先度です。

 

急いで売却する必要なし

 

そもそも急いでいないのでゆっくり売却できれば問題ありません。そのため極端に安い価格で売却するような事にならず相場通りの価格で売れます。
借金や離婚等が原因の売却だと相場通りに価格で売却する事は難しいですが、じっくり販売する場合にはそのような事はありません。

 

また、買い手としても適正な価格でしっかりと販売している物件の方が安心して買いやすいというメリットもあります。

 

売りと買いどちらを優先すべきか

住み替えの場合だと最終的に売却と購入の両方を行うことになります。ではどちらを優先して考えるべきなのかという点ですが、明確な基準というものが存在していません。

 

どちらも一長一短で好みで決めてしまってよいでしょう。無責任なようではありますが、どちらの方が有利という事もありません。

 

住み替えの際におすすめの売却方法

住み替えのためにマンションを売却する際に利用したい仲介業者は2つのポイントどちらかを抑えているかチェックすると良いでしょう。
1つは住み替え販売の経験が多いかどうか、もう1つは購入したい地域の物件をたくさん持っている業者です。

 

住み替え販売の経験が多い業者

これは単純に経験が多い業者の方が安心できるだけでなく、住み替え時に必要な事をカバーしてもらいやすいという点があります。例えば住み替え時に不明な点があれば経験からアドバイスをしてもらいやすいです。

 

また、買い替え時には一時的にお金が必要になる可能性が高く「つなぎ融資」などが必要になってきます。更に税金対策なども行う必要があり、経験の多い業者の方がそういった点に強いのです。

 

もちろん一般的な業者でもこういったアドバイス対応はしてもらえますが、スタッフの平均的なレベルに差があるのは否めません。特に繁忙期などはスタッフが足りないため新人のスタッフに担当される事もあります。こうしたケースではアドバイスやフォローが不十分な事も少なくありません。

 

同じ新人でも住み替え販売の経験が多い業者の方が融資や税金に関する知識を持っている可能性は高いでしょう。最終的にはスタッフ個人の能力差によるため一概には言えませんが、やはり経験の多い住み替えに強い業者を選ぶ事は大切です。

 

購入したい地域の物件をたくさん持っている業者

住み替えをしたい場合には売却だけでなく購入についても考える必要があります。そこで重要なのが取り扱っている物件が多いかどうかという点です。

 

不動産の売買時にはレインズというシステムで契約された物件を全国で共有されています。そのため物件情報を持っているかどうかはあまり関係がないように思います。

 

しかし、レインズというシステムへの登録は1週間以内に行うこととされています。掘り出し物の条件の良い物件などは登録される前に売れてしまう事があるわけです。ですから、買いたいと思っているエリアの物件を沢山扱っている業者を利用した方が多少ですが有利に働く可能性があります。

 

少しでも良い条件の物件を探したいのであればこうした業者を選ぶようにしましょう。運がよければ優良物件を紹介してもらえます。

 

■まとめ

基本的に住み替えのための売却は急ぐ必要がありません。時間の余裕を活かして業者選びや物件選びはじっくりと行いましょう。また、物件の相場を知るためには一括査定サイトなどを利用してみましょう。各業者の査定を比較する事でより良い業者も分かってきます。

 

そして出来る限り新人の営業マンは避けるようにしましょう。物件を売るだけ、買うだけの時と異なり住み替えの場合は営業マンの知識の差も重要になってきます。万が一新人が担当になってしまった場合は時間があることを考慮して改めて業者選びから出直すという方法もありでしょう。

 

現在は一括査定も簡単に行えるため最低でも1回は査定して比較検討をしましょう。じっくり住み替えを考えるのであれば何度か査定しなおしてみるのも良いでしょう。

 

RE-Guide不動産一括査定

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 400社以上
特徴 全国対応!9年の実績で対応します!

 

イエウール

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 約120社以上
特徴 全国区の大手不動産会社中心

 

不動産査定エージェント

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 約200
特徴 入力画面がシンプルで簡単