マンションを買う狙い目のエリアはここだ!

アベノミクスの影響は、不動産業にも行届いています。特に都心を中心に不動産価格の上昇が起こっており、不動産業の景気も回復基調になってきました。平成26年の国土交通省発表の地価公示では、三大都市平均では住宅地、商業地ともに上昇転換が発表されています。
参考: tochi.mlit.go.jp

 

地方圏では残念ながら四分の三の地点が下落してしまっていますが、逆に首都圏はかなり元気になっています。住宅地は二分の一、商業地に至っては三分の二の地点が上昇しているのです。

 

つまり、現在首都圏では不動産ミニバブルが起こっているのです。アベノミクスの影響もさることながら、やはり2020年の東京オリンピック開催決定が大きな契機となったようです。都心でも特に中心地の東京中央区、千代田区、港区は人気エリアとして従来までの値段を維持、またはそれ以上に上昇しています。

 

しかし、一番高騰しているのは、首都圏臨海部に集中しています。その上その周辺にまで余波を与え、相場を上昇させているのです。ですが、このような急騰はいいことばかりではなく、前述したように地方は下落しているため、都心に人が集中してしまう逆ドーナツ化現象を引き起こしてしまう原因ともなりうるのです。

 

しかし、マンションの購入などを考えるのならば、現在高騰中の人気エリアである東京近辺を狙うのがいいでしょう。ですが、その中からも今後の人気エリアを見定めれば、さらなる利益をもたらしてくれます。人気エリアになりそうな場所は、昨今の不動産価格上昇の状況を考えると、住宅用地の上昇は再開発や商業地などが理由として考えられます。ですので、そのような地域に人気が偏ることになるでしょうし、その傾向は今後も変わる心配もありません。

 

そこからさらに選ぶのならば、新線が開設されたところなど、交通のアクセスが改善された地域を選ぶといいでしょう。そのような場所では駅前の再開発でマンションが新たに建造され、人口増加に伴い複合商業施設が誘致される傾向にあります。最近では虎の門ヒルズ周辺にその兆しが現れています。

 

都心は今後も需要過多になるので不動産業界の未来も明るい事でしょう。要点をまとめると、交通のアクセスが良好で、再開発する余地のある地域、利用人口増加に伴い、商業施設が誘致される地域ということになります。

 

これらに該当するのは中央区、千代田区、港区の都心三区、豊州晴海地区、新橋・虎の門エリアになるでしょう。

 

さらに期待できるのが湾岸エリア

中古マンション以外でもますます期待が高まり、注目されるエリアが、JR山手線内側の都心部でしょう。港区、千代田区、渋谷区、新宿区、文京区の六区は、通常の住宅地だけではなく、富裕層や高齢世帯の家の買い替え、さらに海外からの需要が高まっているために、今後の価格上昇も十分に考えられます。

 

ですが、そのような地域ですと、やはり投資家など資産に十分な余裕がある人でないと手を出しづらいでしょう。ですので、通常の会社員の方などにオススメなのが、東京オリンピックの中心地になるであろう湾岸エリアです。

 

晴海、豊州、有明の一帯がそれに該当します。これらはまだまだ開発できそうな土地がたくさんあるため、今後の商業施設の発展、さらに生活利便施設が集中することになり、道路や鉄道などの交通機関も十分に整備されていくことが予想されます。まさに先ほど上げた人気エリアの基準に見事に該当する地域となることでしょう。

 

既に2014年には環状二号線道路虎の門-新橋間が開通していますし、2016年には新橋から築地、勝どき、晴海を経由して豊州の新市場まで繋がる予定です。中央区で同時期に運用が予定されているバス交通輸送システム、BRTで銀座-晴海を結ぶことも検討されていますので、交通の便はかなりよくなるでしょう。

 

その上、ゆりかもめは豊州駅から晴海のオリンピック選手村を経由し、勝どきまで続く予定になっていますので、湾岸部から都心部へのアクセスの目まぐるしい向上が約束されています。ですので、オリンピックイヤーまでにはそのあたりがかなり人気エリアとなることでしょう。

 

押上は空港や主要な拠点を結ぶエリアになる?

湾岸のエリアが注目されている影響を受け押上も狙い目のエリアなのではないか?という意見が出てきました。押上エリアは東京スカイツリーがあり都心からも近いエリアです。更に今後はアクセスも向上していくのは間違いありません。

 

山手線の内側が価格が高いエリアであることは周知の事と思いますが、そこから範囲を広げていくと山手外の東「環状四号線」、西「環状六号線」あたりの範囲でしょうか。押上は東の明治通りの内側のエリアにあたります。

 

またアクセスについても考えていきましょう。やはり一番注目すべきは鉄道の開発計画です。東京メトロ有楽町線は豊洲駅から住吉駅まで伸びます。そして半蔵門線で押上駅まで繋がるという計画になっています。

 

この計画は2015年着工で24年完成の予定なのですが、その前に皆さんご存知の東京五輪が20年に予定されています。つまり、五輪にあわせて前倒しで計画が進む可能性もあるわけです。

 

この工事が終わり完成すると湾岸エリアから東京スカイツリーまでが結ばれる事になります。人気スポットのアクセスが良くなれば間違いなく人の流れも変化します。

 

この他2020年には都心直通線という成田空港と羽田空港をダイレクトに結ぶ路線が開通予定です。この都心直通線の中間地点に押上が存在しているため重要な役割を果たします。京成線の押上駅と京浜急行線の泉岳寺駅を地下鉄で接続をし、丸の内に新東京駅を用意するという計画になっています。一連の計画で押上駅はとても重要な地点となる事は間違いありません。

 

現時点でも押上は東京スカイツリーの影響で注目されていますし賑わっています。しかし、まだまだ発展途上でこれから先にもっと開発が進むことが予想されます。マンションなども今後価値が上がって行くことは間違いないのです。そういった意味で押上エリアは狙い目のエリアなのです。購入する際の候補地として十分な価値があるでしょう。

 

押上以外のおすすめエリア

ここまで押上周辺のエリアをお勧めしてきました。確かにアクセスや今後の開発を考えると押上は狙い目です。しかし他のエリアにも目を向けて見ることは大切です。

 

特に住居系のおすすめエリアだと生活環境や治安は必須の条件となるでしょう。更に教育施設や医療施設をはじめ商業施設なども必要でしょう。また交通の利便性も重要な要素となりますからアクセスについても考える必要があります。

 

これらの要素を総合的に考えた時におすすめできる注目エリアと言えば品川〜田町の周辺でしょう。新駅の構想があるため間違いなく注目のエリアです。

 

これ以外にも新宿駅や西新宿駅といった再開発が行われたエリアや渋谷駅開発によって需要の上がった恵比寿から明治通りの周辺、更に中野駅周辺といったエリアが注目されています。これらのエリアは既に値が上がっていますが、まだまだ注目していくべきエリアでしょう。この他に武蔵小杉駅や横浜駅周辺も今後の動きに注目すべきエリアでしょう。

 

RE-Guide不動産一括査定

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 400社以上
特徴 全国対応!9年の実績で対応します!

 

イエウール

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 約120社以上
特徴 全国区の大手不動産会社中心

 

不動産査定エージェント

▲入力時間60秒▲

検索不動産数 約200
特徴 入力画面がシンプルで簡単