マンション売却を焦らるな!!高く売るのに後悔せずに済む方法を教えます。

このサイトを訪れた方の大半はマンションの売却に関して考えておられたり、もしくは考えあぐねていられる方が多いと思います。自宅を売るという事は大きな決定です。

 

でも仕事を変えたりしたり、新しい住宅を購入したとき、また、今の家が維持できなくなった時に売らざるをえないという決定になります。どんな理由でマンションを売るにしろ、マンションを売るときに一番考えるのは少しでも高い売却金額が付いて欲しいという事です。

 

なぜならもし安価で売却してしまい、それが相場よりも安い金額だった場合に後悔することになってしまいます。しかし一番高い金額で売れたことが分かるならマンションを売るにしろ満足することが出来ます。しかし高い金額で売れたとしても、あまりにも時間がかかるのは気分が晴れません。

 

マンションなどの住宅は、私たちの人生で買うものの中でももっとも高額ですので、安値で売ってしまうと大きな金額を損してしまいます。下手したら100万円、200万円の損になってしまうこともあります。そのように考えると慎重にマンション売却を考えなければなりません。

 

このように「とにかく高く売りたい」と考えておられる皆さんに朗報があります。結論を述べますとコツというか必殺技が存在するのです。それは一度の依頼で全国の不動産管理会社が査定額を出してくれて、その中から一番高額の値をつけた会社に売ることが出来る事が出来るのです。

 

たとえば、一度皆さんが売りたいと思っているマンションを見積もりに出すとこんな見積りが返ってきます。

 

  • A社:1000万
  • B社:1300万
  • C社:1800万

 

こんな結果が出たら皆さんはどうされるでしょうか?きっとC社から話を聞いてマンション売却の準備を始めるのではないでしょうか?これがひとつひとつの不動産屋の話を聞いて、見積りを出してもらうという手間が省ける画期的なマンション一括査定サービスです。

 

それでインターネットで無料で比較査定出来るサイトをまとめておきましたのでどうぞ、ご活用ください。このサイトは全部、大手で、実績がある安心できるサイトです。もちろん査定は無料です。

 

マンションを売る時に準備するべきこととは?

自宅を売るときに大体の相場を知って参考価格を出すために近場の不動産業者に声をかけることを考えるかも知れません。しかしこれは決して良い方法ではありません。

 

ではどうしたらよいのでしょうか?一つのコツとして、査定のための書類があるかどうかを確かめましょう。

 

  • 購入時の図面・パンフレットなど
  • 契約書・重要説明事項等の書類
  • 固定資産税納付書

 

これらの書類がなくても売却したいマンションの査定をすることはできますが、こちらも自分のマンションについて最低限のことは知っておく必要があります。

 

たとえば

  • 建物(専有)面積
  • 間取り
  • 築年数

 

たしかにマンションの買い取り金額を詳細に知るのは現物を見てもらう必要がありますが、インターネットで大体の最低額を知りたい場合はこの最低限の情報があれば知ることが出来ます。しかしその際の注意するべき点ですが、それは、あくまでも相場額であって、実際にその額で売ることが出来るとは限らないということです。

 

なぜなら不動産屋が購入するのでなく、購入する人との橋渡しをする人だからです。それで需要と供給の問題で実際の購入者の人との交渉しだいで売れる金額は上下します。マンションを買い取る不動産業者もいますが、たいがいの場合、買取金額は安くなります。

 

無料でマンション売却をインターネットで一括査定して成功する人多数

無料査定の良いところはもし納得する金額でなかったらそのときに売らなくてもよいと言うことです。しかし自分の思っているよりも良い金額を出してくれる業者がいたら売却を検討しましょう。皆さんのマンションに満足できる金額が付くことを祈っています。

 

不動産を売りたいときには一括査定が今では主流になっています

 

マンションなどの不動産はそれだけで金額が大きなものですので、売却のときにも業者によって買い取り金額にかなりの差が出てきます。そしてマンションを売ったりしたことが人生で5回も6回もある方はほとんどおらず、経験がないので、どうしたらよいか悩んでしまう方が多いことでしょう。そしてマンションの価値は上下しますし、買いたい人によっても、どれだけ欲しいか、ただ安いから欲しいかによって異なってきます。

 

もしこのマンションをどうしても欲しいと考えている購入者にあたれば、こちらも値段を上げることが出来ますが、現実問題それは難しいでしょう。なぜならマンションの市場は売る人よりも買う人のほうが選択肢が広いので、どうしてもこのマンションにと思う人が少ないからです。

 

それで、どうしたら良いかといいますと、不動産のプロの力を借りるということです。でもどのように出来るのでしょうか?もし不動産屋さんを一つ一つ訪問して査定してもらったら、時間もかかりますし、こちらも交渉で疲れてしまいます。それでインターネットで一括で査定できるサイトを利用するのが今では主流になっています。もし可能であるのなら、買いたいと思っている人を探し、その人に売るのが良いわけですが、そんなに簡単にいかないこともあります。

 

またマンションなどの不動産を売るとき、こちらは買い取り金額を得ることが出来るわけですが、友人、知り合いに売るのも良いですが、やはり少しでも高く売りたいと思うのではないでしょうか?もしその差額が何百万になったら、なおのことそう思うでしょう。少なくとも私はそう思います。

 

欲を出しすぎて売る時期を逃してしまうという失敗ケースもあります

 

マンションの市場のことを考えますと、売り手がいて買い手がいる、需要と供給があるわけで、景気の問題や、経済の流れによってマンションの値段は上下してきます。

 

もし皆さんが売りたいマンションが非常に人気があって引く手あまたであるなら査定して高値が付いても、もっと高値が付くと考えてますことも出来るかもしれませんが、まずは自分の売りたい物件はどれほどの人気、価値があるのかを冷静に判断しましょう。マンションの価値と、売る時期を決めるのは決して簡単ではありませんが、決定を先延ばしにしてしまうと失敗してしまうこともあります。

 

多くの人が語る賃貸・分譲マンション、一戸建ての不満とは?

 

一戸建て、もしくはマンションの不動産を、住むため、投資のため、買い替えするために持つとしても、やはり良い物件を洗い出していく必要があります。東京オリンピックがあるので不動産バブルが来るだろうから、どこでもよいからマンションを買っておこうと思うのは知恵がないでしょう。

 

それで人気なマンションなのは、どんなマンションかということですが駅が近かったりするならポイントが高いことは分かりますが、実際に住んでいる人がどんな評価をしていたのか、どこを満足していて、どこを満足していなかったのかを知るのは大変有益です。その不動産の不満点を知るならその不動産に関しての真実を知ることが出来るのです。

 

マンション売却は時期を考えよう!

不動産の取引には 繁忙期と閑散期があります。賃貸住宅ほどの大きな変動はありませんが、もちろんマンション売却のときもこの波が関係してきます。そんな波はないという業者はいますが、それはいつでも売りたい、買いたいという業者の気持ちから来るものです。

 

実際には繁忙期は、春先の1月〜3月まで、秋では9月〜11月となっています。とくに繁忙期といえるのは春先です。なぜならそのときに学校が始まったり就職、転勤などが集中するからです。そのように不動産を探す人、つまり需要が増えれば、供給のほう、つまりマンションを売却できる可能性が高くなります。それで春先の繁忙期に備えて半年前から売却の準備をしておきましょう。

 

もちろん他の時期にも売ることは出来ますが、この時期のほうが売却できる可能性、そして買い取り額が良くなることを覚えておきましょう。

内覧を演出して好感度アップ

マンションなどの不動産売却は売る方にとっても買う方にとっても大きな買い物となります。何でも業者任せにしてしまうのではなく自分でも知識を取り入れ手をかけてあげる事で、売却値段が100〜200万円変わるという事もあります。

 

ポイントはいくつかありますが、「内覧」は購入希望者に直接アピールできる重要な場所ですのでなるべくよい印象をもってもらえる演出が必要です。例えば居住者が入れ替わるたびに壁紙を張り替えたり、システムキッチンを取り換えたりと物件のメンテナンスを行う事でより高い値段での売却に成功しているオーナーがいます。

 

どうせ売るから余分なコストはかけたくないという考えではなく、次に使用する人が少しでも好印象を持ち、より高い値段で買ってもらえるような雰囲気づくりが大切です。

 

マンション売却には余裕を持ち、適切な判断を

マンション売却を決めてから、不動産会社に仲介を依頼し契約締結までには1〜6ヶ月ほどかかります。契約前には査定を依頼し、自分の持っている物件の相場を調べる必要などもありますので少なくとも3か月以上の余裕が必要だと言われています。

 

査定金額については、マンション分譲時の立地、築年数、広さ、間取り、設備、物件の管理状態によって「分譲価格より高い」「ローン残高より安い」など不満が残る価格を提示される場合もあります。しかし、査定価格は不動産会社やその時の状況によっても変動しますので一喜一憂してはいけません。

 

また不動産取引には繁忙期と閑散期があり、引っ越しが多い春先の1〜3月、秋口の9〜11月には物件の動きが活発になります。需要が多いという事ですので相場より高値でマンションが売却できる可能性も高くなりますから、いつまでももっと高い値段で売れるかもと決断を先延ばしにするのではなく、時期を選んで引き合いがある時にきっぱりと売る決断をする事もマンション売却には必要です。

 

不動産会社に支払う仲介手数料について

不動産売却を不動産会社に依頼した場合、売買契約成立時に仲介手数料を支払う必要があります。この仲介手数料は、宅建業法によって取引額の何%以内という上限が決められています。不動産会社の中には、上限額を超える仲介手数料を提示して来たり、あたかも仲介手数料は法律で一律に決められているかのような説明を行ってきたりする会社もいます。自分のマンションがいくらかという事に目が行きがちですが、仲介手数料についても基本の知識をおさえ、何か疑問を感じるようならば納得できるまで不動産会社に確認をしましょう。もし、説明が不十分と感じたら不動産会社を変更することも必要です。

 

不動産会社との契約の種類について

不動産会社に売買の仲介を依頼するときには「媒介契約」を締結する必要があります。媒介契約は、売主と不動産会社の間で行われる仲介業務に関するトラブルを未然に防ぐため内容を明確にする契約で、仲介の依頼を受けた不動産会社は契約締結をする事が法的に義務付けられています。媒介契約には3種類あります。

 

専属専任媒介契約

不動産の仲介を1社の不動産会社のみに依頼する契約で、他の不動産会社へ依頼することはできません。売主が購入者を見つけた場合でも、依頼した不動産会社を通して取引することが契約で義務付けられています。
不動産会社は仲介業務の実施状況を1週間に1回以上報告する義務があります。

 

専任媒介契約

1社のみに不動産会社を依頼する点など、ほぼ専属専任媒介契約と同様の内容となりますが、売主が購入者を見つけた場合は不動産会社を仲介せずに契約することが出来ます。不動産会社は仲介業務の実施状況を2週間に1回以上報告する義務があります。

 

一般媒介契約

複数の不動産会社に同時に仲介を依頼できる契約です。売主が購入者を見つけた場合は不動産会社を仲介せずに契約することが出来ます。

 

現在はインターネットでの不動産ポータルサイトなどが発達してきているので、一般媒介契約を締結し、依頼する不動産会社をなるべく多くし物件の露出を増やした方が、マンションの売却が早まる場合があります。

 

しかし、多くの不動産会社に依頼すると各社ごとの取り組みが希薄になる恐れもあります。その点専任媒介契約を締結すると、不動産会社と安定的な取り組みができますので信頼関係が築きやすいというメリットがあします。自分の意向に合わせて、不動産会社と協議し媒介契約の種類をきめましょう。

マンション売却必勝法お教えします!

マンションの売却を考えている方にとって重要なのは「なるべく相場よりも高値で売る」ことではないでしょうか。では高値で売るにはどうすればよいのか?答えは「複数の業者に見積してもらうこと」です。同じマンションを売るのだから売却金額なんて、どこも同じでしょう?というのは実は間違い。

 

不動産会社によって「その場所に強い」「顧客からのバッグオーダーを受けている」などの理由で、値段は変わってくるものです。特に「こんなマンションが欲しいから探してほしい」といわれている不動産屋は、あなたが売りたいマンションと条件が一致すれば、必ず手に入れたいと考えますから、高値をつけてくれることもあるのです。

 

こうして複数の業者から高値をつけてくれる不動産屋をいくつか選んだとします。次に大切なのは営業マンとの相性になります。マンションの売却は一生を左右するといっても過言でないほどの大きな取引。万が一トラブルがあったときにも、しっかり解決してくれそうな営業マンのいる不動産屋を選んでおけば安心です。通常のお買物でも、同じものを売っていれば「お気に入りの販売員がいるほうで購入」しますよね?マンションの売却も同じなのです。

 

だから、マンション売却で成功するには不動産屋選びが重要!

 

マンション売却必勝法は、

  • 複数の業者に見積してもらうこと
  • 信頼できる営業マンを見つけること

この2点になります。

 

そこでおすすめしたいのが、無料で利用できる「中古マンション売却一括査定サイト」の活用です。複数の業者に一つひとつ査定を頼むのは手間がかかりますが、ここなら簡単に、しかも無料でマンションの査定をすることができます。

 

金額を調べたうえで「この金額ならまだ売りたくない」「この金額ならぜひ売りたい」と話しを進めることもできます。「売る・売らない」を今すぐ決める必要はありませんが、まずはお気軽に「中古マンション売却一括査定」を行うことから、始めてみませんか?

 

 

 

 

▲入力時間60秒▲

 

検索不動産数 400社以上
特徴 全国対応!9年の実績で対応します!

 

 

 

 

 

 

▲入力時間60秒▲

 

検索不動産数 約120社以上
特徴 全国区の大手不動産会社中心

 

 

 

 

 

▲入力時間60秒▲

 

検索不動産数 約200
特徴 入力画面がシンプルで簡単